男だってダイエット!生活習慣、メダボが気になる男性の健康管理方法!

1年間で約10kgの減量に成功した男のダイエット法

 

55歳、男性。身長178cmです。
2016年3月、当時の体重が81kgです。
日常の不摂生がたたり、とうとう体重が80kgを超え、
ウエストが85cmを超えました。

 

ちょうどこの頃、一身上の都合により、転職をすることとなりました。
そのことをきっかけに一新発起、ダイエットを決意しました。

 

まずは、自分にプレッシャーをかけるために、家族にダイエット宣言をしました。
その時の妻と娘たちの冷ややかな反応は、今でも忘れることができません。

 

年齢もそれなりにいっているので、無理なく正しいダイエットを実践するために、
最低限の知識を習得しようと、まずはダイエットに関する書物を購入しました。

 

「男50代からの若い体の作りかた」という本です。
そこには、糖質を制限することが必要であると書かれていました。

 

 

 

【PR:こういう悩みがあることにも驚き!】
世の中に痩せてることが悩みの女性もいるんですね。
食べても太れない女性に、太るサプりメント プッチェが人気です。

 

 

 

早速、私はそれに取り組みました。
まずは朝食です。

 

毎朝ご飯を二膳、場合によってはもう一口とか言いながら三膳食べてたのを、
少し多めの一膳に減らしました。
減らした分は、お皿いっぱいの生野菜サラダで補うようにしました。
これは結構カサが張るので、割と食べた気がします。
その他少しづつおかずの量を増やすことにより、お米の食べる量を減らしました。

 

昼食は妻の手作りである、おにぎりとおかずを持参しています。
以前は外食をしていましたが、時間の関係で簡単い食べられるものということで、
どうしても牛丼やカレーなどに偏っていました。
当然栄養も偏り、食べる量も自分の好きなだけ食べてしまいます。

 

持参するおにぎりも、少し小さめのを2個と、ウインナーやお肉などのおかずです。

 

夜はビールとつまみだけですので、
ご飯やパスタなどの糖質類はほとんど摂っていませんでした。
ただし、休みの日などは、時々妻と外食に出かけるのですが、
その時は好きなものを好きなだけ食べていました。
ただ好きなだけといっても、普段の食べる量を減らしていますので、
それほどは食べることができません。

 

 

ただ好きなラーメンは大盛りを注文することもあります。
要は、食べることに関してはメリハリが大切だと思います。
あまり我慢しすぎるのも、反動がありますから、
適度の欲を満たすことは大切だと思います。

 

 

運動に関しては、駅までの行き帰りのを以前はバスで通勤していましたが、
今では約2kmの道のりを30分かけて徒歩て通勤しています。
駅に着けばエレベーターやエスカレーターを使用せず、
階段を利用しています。
時間的に普段運動をするのが難しいので、
なるべく日常に取り入れる努力をしています。

 

ただどうしても疲れているときや、
荒天の日などは決して無理をせず、
バスやエレベーター、エスカレーターを利用します。
無理することは長続きの大敵だと感じていますので。

 

仕事柄歩くことも多いため、1日の歩数は16000歩ほどになります。
これを地道に1年間続けました。
途中いわゆる壁というものがあり、
なかなか体重が減らない時もありましたが、
それを乗り換えると必ずまた減り始めます。
焦らずじっくり取り組むことと、
家族の協力はダイエットには欠かすことができないと感じています。

 

その結果今朝の体重は71.5kgです。
次なる目標は、標準体重である69.7kgです。
これに向けて地道に取り組んでいる最中です。